ABOUT of Albertt House


HOME > ABOUT




23区内では極めて希少な、築75年以上の長い歴史ある洋風建築
1935年に東伏見宮家の洋館を移築したといわれています。
室内は明治後期の洋館の面影を残し、また移築時の昭和初期の材料、技法のよく残さ
れていて住時を偲ぶ貴重な遺稿といえます。
自然光が差し込むシンプルな室内、フランス、イギリス、北欧などの趣きあるアンティーク
家具、南側には明るく広い開放的なウッドテラスと花の咲く庭があり、後から造ることの
できない本物の空間があります。
洋テイスト、和テイストいろいろなシーンの撮影が可能です。